\Twitterでおいしいメーターを投票しよう/ チェックする ≫

くらランチ2021コスパがいいのはどれ?口コミ・評判も知りたい

回転寿司チェーン「くら寿司」が、1月15日(金)より税別500円で食べられる「くらランチ」を拡充させました。

新しくなった「くらランチ2021」は、平日・休日問わず実施され、販売時間も開店時間から20時まで販売されるようになりました。

その「くらランチ2021」には、4種類のメインメニュー・4種類サブメニューも選べる構成になっているようですが(一部税別700円セットもあり)、一体どの組み合わせがお得なのでしょうか。

価格・ボリューム(大きさ)の面から、オススメの「くらランチ2021」をご紹介いたします。

好きなところから読む

「くらランチ2021」メニューの単価・ボリュームは?

以下に、メニュー単価とボリュームを調べてみました!

メインメニューである4種類については単体メニューとしては存在おらず、単体価格はわかりません。

ただ、メインメニューのボリュームはというと・・・

「旬の海鮮丼」・「えび天と季節の天丼」・「牛カルビ丼」は丼ものでランチとしては十分な量であり、

特に「えび天と季節の天丼」はどんぶりからはみ出るくらいの具材の天ぷらがあるため、食べ応えがありそうです。

「人気にぎり」も色とりどりのネタで9貫あるので、十分満足できるボリュームです。

サブメニューのほうの単価を見ると、

「茶碗蒸し」・・・180円
「赤だし」・・・180円
「きつねうどん」・・・280円
「お醤油ラーメン」・・・390円

でした。

「きつねうどん」と「お醤油ラーメン」は、「茶碗蒸し」・「赤だし」より量があり、メニュー単価も上がるため、

「くらランチ」のサブメニューで「きつねうどん」と「お醤油ラーメン」を選ぶと、”700円ランチ”になります。

500円ランチは、「茶碗蒸し」・「赤だし」のどちらを選んでもコスパは同じですが、

700円ランチにするなら、「お醤油ラーメン」を選ぶほうがコスパが良さそうですね。

「くらランチ2021」コスパがいいオススメ

結局どの組み合わせを選んでもボリューム・価格的に大きな損はなしではありますので、

あとはその日の食べたいものや食べられる量で決めてもいいかもしれません。

例えば・・・

”海鮮の味を存分に楽しみたい”という方には!

(メイン)「旬の海鮮丼」+(サブ)「茶碗蒸し」or「赤だし」⇒税別500円

”500円でお腹いっぱい食べたい”という方には!

(メイン)「えび天と季節の天丼」+(サブ)「茶碗蒸し」or「赤だし」⇒税別500円

”500円にとらわれずもっとたくさん食べたい”という方には!

(メイン)「えび天と季節の天丼」+(サブ)「お醤油ラーメン」⇒税別700円

「くらランチ2021」の口コミ・評判は?

実際の口コミ・評判をTwitterで見てみました。

やはりほとんどの方が、量とコスパと味に大満足している様子ですね!

まとめ

税別500円で食べられる「くらランチ」は、どのメニューを選んでも量・コスパ的にも満足してランチを食べられそうです。

その日の気分に合わせてメインメニューや組み合わせを選び、通ってみるのもいいかもしれませんね!

あなたにオススメ

よかったらシェアしてね!
好きなところから読む
閉じる