夜マックは何時から?『夜マック』『倍マック』おすすめメニューはこれ!カロリー情報や口コミなども解説

マクドナルドと言えば、誰もが知るファーストフードの代表的なお店です。

1971年に日本第1号店がオープンしてから50年の時が経ちましたが、年々進化を続けるマクドナルド。

マクドナルドはお昼やおやつなど軽食的な位置づけて食べる人も多いかもしれませんが、夜にしっかりとした食事をとりたいというニーズに応える為、2018年3月から「夜マック」のサービスが始まりました。

夜マックのサービスは徐々に浸透し、今では期間限定メニューなど新しい商品も登場しています。

 そんな夜マックのおすすめメニューと期間限定商品など最新情報をお届けしていきます。 

好きなところから読む

夜マックは何時から何時まで?

夜マックは17時からスタートし、終了は閉店時間までとなっています。

24時間営業の店舗では、翌午前4時59分まで夜マックを注文が可能。夜マックは、曜日関係なく平日も土日祝も毎日実施されています。

2018年3月からスタートした夜マックは、そのお得感とボリュームからこれまでランチや軽食の部類として食べられていたハンバーガーを夜ごはんの選択肢に加えることに成功。サービスが開始されてから、徐々にマクドナルドの定番メニューとしても定着してきました。

夜マックは、店舗の閉店時間までやっているので多様な生活スタイルにも対応しています。

残業で帰りが遅くなったサラリーマンや部活帰りの学生など、空腹をしっかりと満たしたい人たちにも利用できるのがありがたいポイントです。

夜マックおすすめメニューの紹介!カロリーやタンパク質は?

夜マックは、いつものバーガーに対してプラス100円することでパティが倍になる「倍バーガー」が注文できるサービスです。

パティとは、ハンバーガーに入っている肉や魚などの具材になります。

例えば、フィレオフィッシュバーガーで倍バーガーにすると白身魚のパティが2枚になるのです。夜マックの対象となっているハンバーガーは、2022年7月時点で全15種類となります。(期間限定メニューは除く)

今回はその中から、おすすめメニューを5つご紹介します。

  • 倍ビックマック

まず、ご紹介するのは倍ビックマックです。ビックマックは通常のものでパティが2枚ですが、倍バーガーにすることでパティが4枚になります。パティが4枚になるのでボリュームも抜群。いつも以上にお腹が空いているとき、今日はたくさん食べたいときには倍ビックマックの一択になるでしょう。

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 490(税込み)
カロリー 724kcal
タンパク質 41.4g
  • 倍てりやきチキンフィレオ

幅広い世代に人気のあるてりやきですが、てりやきチキンフィレオはサクサクした食感が特徴で通常のてりやきマックバーガーとは異なる楽しさを味わえます。揚げられたチキンが2枚重なるので、食べ応えも十分な倍バーガーです。

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 470円(税込み)
カロリー 768kcal
タンパク質 35.3g
  • 倍えびフィレオ

えびがたっぷりと使用されているえびフィレオは、通常のえびフィレオでも満足感が得られるバーガーです。揚げたてのサクサクしたえびカツが2枚も入った倍えびフィレオなら、歯ごたえも食べ応えも満足すること間違いなし。100円プラスするだけで、えびのたっぷり入ったプリプリのえびカツのパティが追加になるのでお得感があります。

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 490円(税込み)
カロリー 553kcal
タンパク質 19.4g
  • 倍フィレオフィッシュ

夜にガッツリとしたお肉は少し避けたいという人には、倍フィレオフィッシュがおすすめです。フィレオフィッシュはパティが1枚だと少し物足りない感じもしますが、2枚あることでちょうどいいボリュームと食べ応えになります。外はサクサク、中はふっくらの倍フィレオパティは一度食べるとクセになる食感です。

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 450円(税込み)
カロリー 437kcal
タンパク質 22.4g
  • 倍ダブルチーズバーガー

最後にご紹介するのは、倍ダブルチーズバーガーです。写真をご覧いただいて分かる通り、ハンバーガーの大半が肉のパティで占められています。「今日はガッツリお肉を食べたい」「お肉のうまみを味わいたい」という人は、倍ビックマックよりも倍ダブルチーズバーガーの方が満足感を得られるかもしれません。

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 450円(税込み)
カロリー 655kcal
タンパク質 42.0g

夜マックをお得に選ぶ方法!

夜マックはプラス100円でパティが倍になるサービスですが、選ぶ商品によってはコストパフォーマンスを発揮しきれないことがあります。

例えば、ハンバーガーを倍バーガーで注文した場合、通常のハンバーガーは130円なので倍ハンバーガーはプラス100円の230円になります。

この場合、通常のハンバーガーを2つ買った場合260円になるので倍ハンバーガーでは30円の得にしかなりません。

30円だけの差であれば、通常のハンバーガーを2つ買った方がバンズもついてくるので通常のハンバーガーを2つ注文した方が得と言えるでしょう。反対に通常のダブルチーズバーガーは350円に対して、倍ダブルチーズバーガーはプラス100円の450円になります。この場合、倍ダブルチーズバーガーでは、もともとのパティが2枚のためプラス100円することでパティが2枚追加されます。

同じ100円を支払っても倍バーガーはパティが1枚増量、倍ダブルチーズバーガーはパティが2枚増量になるためダブルチーズバーガーを頼んだ方がお得と言えます。

このように、注文する商品よって同じ金額をプラスしても追加されるパティの数量が変わることがあるのです。もし、パティの計算が面倒という人がいれば、とにかく高いハンバーガーを倍バーガーにすれば損をすることはありません。

お得に夜マックを楽しむ方法は、できるだけ高いハンバーガーを注文することがポイントと覚えておきましょう。

夜マックのおすすめサイドメニューを紹介!

夜マックは、ハンバーガーだけでなくサイドメニューもあります。夜マックのサイドメニューでは「ポケナゲ」というポテトとナゲットがセットになった商品です。

ポケナゲは「ポケナゲ大」と「ポケナゲ特大」の2種類があります。

  • ポケナゲ大

フライドポテトLとチキンマックナゲット10ピーズがセットになった商品です。単品で購入するより31%も安くなっており、ワンコインで買える価格設定もうれしいポイントです。

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 500(税込み)
カロリー 1,057kcal
タンパク質 38.2g
  •  ポケナゲ特大

フライドポテトL×2個とチキンマックナゲット15ピーズがセットになった商品です。単品購入よりもなんと36%もお得に購入ができます。家でパーティーをするときや家族が多いご家庭では、ポケナゲ特大を買って帰れば喜ばれること間違いなしです。

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 800(税込み)
カロリー 1,844kcal
タンパク質 60.6g

 2022年夏の期間限定メニューの紹介!

夜マックでは、期間限定メニューが登場することがあります。

2022年夏に登場した期間限定メニューは「ごはんバーガー」です。新潟県産コシヒカリを100%使用した3種類のごはんバーガーが用意されています。 

  • ごはん海老 旨辛仕立て

まず、ご紹介するのは「ごはん海老 旨辛仕立て」。プリプリのえびカツをピリ辛のソースと合わせたごはんバーガーです。ピリ辛のソースがごはんとも絶妙にマッチし、食欲をそそるごはんバーガーになっています。できたて熱々のサクッとしたえびカツは絶品なので、是非温かいうちに召し上がってください。

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 440(税込み)
カロリー 448kcal
タンパク質 10.7g
  • ごはんてりやき

ごはんバーガーの定番と言えば「ごはんてりやき」です。ポークパティに甘辛いてりやきソースがよく絡み合い、マヨネーズとの相性も抜群。ごはんが醤油風味なので、てりやきとマヨネーズともよく合います。

引用:マクドナルド公式ホームページ

そして、気になるのがごはんのバンズから大きくはみ出したてりやきポークパティ。本当にこれほど大きいのか確認するため、実際に注文してみました。

こちらが実際に注文したごはんてりやきです。

実際のごはんてりやきも、HPの写真と同じくごはんのバンズから溢れるほどの大きいポークパティでした。持ってみるとずっしりとした重みがあり、食べ応えも十分です。ごはんてりやきは、夜にしっかりと食事をとりたいというニーズに応えたごはんバーガーです。

値段 400(税込み)
カロリー 539kcal
タンパク質 14.2g
  •  ごはんチキン ガーリックベーコン

この夏の期間限定メニューで新登場となったのが「ごはんチキン ガーリックベーコン」。分厚いチキンパティにスモークベーコンがプラスされボリューム満点なごはんバーガーです。チキンパティは胸肉が使用されているため、油っぽさやくどさがなく食べやすいごはんバーガーです。ガーリックの効いた醬油風味のマヨネーズがごはんとチキンパティ、スモークベーコンをうまくつなぎ合わせるアクセントになっています。

 

引用:マクドナルド公式ホームページ

値段 430(税込み)
カロリー 565kcal
タンパク質 20.7g

 夜マックと期間限定メニューの口コミ紹介

ここからは、実際に夜マックと期間限定メニューを食べた感想をSNSからご紹介します。

  •  倍ビックマック&倍てりやきマックバーガー

やはり、倍ビックマックはやはり迫力がありますね。そして、倍てりやきマックバーガーもボリューム満点。無性にお腹が減っているときには、倍バーガーはもってこいです。

  •  ごはんバーガー

確かに、ごはんバーガーにお味噌汁は合いそうです。ごはんバーガーが日本の食卓に当たり前のように並ぶ日は、そう遠くないかもしれません。

  • ポケナゲ

晩酌やお酒のおつまみとして注文する人が多いようです。ボリューム満点なので、ポケナゲのコストパフォーマンスはとてもいいですね。

 店舗限定!夏におすすめの店舗限定メニューを紹介!

日本の夏は年々暑くなっていますが、そんなときには冷たいものが食べたくなりますよね。マクドナルドのスイーツで人気が高いものに「ソフトツイスト」があります。 100円というお手頃な価格なので、子どもから大人まで幅広い世代に人気があります。

引用:マクドナルド公式ホームページ

そして、このソフトツイストに店舗限定メニューがあるということをご存じでしょうか。

その店舗限定メニューとは「チョコディップコーン」です。

チョコディップコーンとは、ソフトツイストにチョコレートがかかっている何ともレアな商品です。

チョコディップコーンを取り扱っているお店は限られているので、出会うことができたらかなりラッキーです。値段はソフトツイストが100円に対して、チョコディップコーンは200円。

このプラス100円の価値がどれほどか確かめるために、チョコディップコーンを取り扱っているお店を探し回り実食してみました。 チョコディップコーンを受け取ったときは、とろりと溶けたチョコレートがかかっていましたが時間が経つとソフトツイストの冷たさでチョコレートが固まってきます。

一口食べてみると固まったチョコレートがパリッとした食感で、中はふんわりとしたソフトクリームといった何とも面白い食感が体験できます。

チョコレートは甘さ控えめなので、ソフトクリームと一緒になってもくどさを感じません。ソフトツイストの2倍の値段を高く感じる人もいるかもしれませんが、ソフトツイストとは異なる食感とおいしさはやみつきになります。

200円を出してでも一度は食べてみる価値がある商品なので、チョコディップコーンに出会った際にはお試しください。 

まとめ

マクドナルドは軽食として食べる人も多いかもしれませんが、今後は夜の食卓のメインになっていくかもしれません。

働き方や生活スタイルの多様性が増している現代において、夜マックが多くの人の空腹を満たしてくれることは間違いなしでしょう。そして、期間限定のごはんバーガーは新潟県産のコシヒカリを100%使用した日本人の夜ご飯や趣向にピッタリの商品です。

どのごはんバーガーもボリュームがあり、食べ飽きることのない商品が揃っています。ごはんバーガーは、この夏の期間限定商品ですので早めにマクドナルドへ足を運んで夏のグルメを楽しみましょう

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

好きなところから読む